アトピー肌でも使える保湿クリームの選び方と注意ポイントとは?

通常の保湿クリームには、尿素が入っていることも多いのですが、アトピー肌の人が尿素入りのクリームを使うと、肌にぴりぴりとしみてしまうことがあります。 ですから、アトピー肌の人は、尿素が入っていないものを選ぶのがオススメです!アトピー肌の人が使えるものについて紹介します。

 

 

保湿クリームを塗っても、朝塗ってから一日経つとその成分が酸化してしまうんですね。酸化したものや、汚れたものはアトピー肌の大敵となるのでこまめに洗い流すことも必要です。

また、アトピー肌の人が使うクリームの注意ポイントもあります。

アトピーぎみの人のスキンケア選びのポイント

  • 尿素入りでないものを選ぶ
  • 自然由来成分が豊富に入ったものを選ぶ
  • あまりベタベタしているものは使用をさける。
  • クリームを洗い流すときは、ゴシゴシこすらないようにする。タオルもやわらかいものを用いる。

 

肌にしっかり脂分がすりこまれているとなんだかよく効きそうな気もするのですが、あまりカバー力がありすぎると今度は肌そのものがもつ再生力をおさえてしまいます。

 

程よい仕上がりのものを選ぶのがポイントで、少量でも効果的な成分がナノ化されているものを選びましょう。


アトピー肌にはセラミド保湿がおすすめ



アトピー肌ってカサカサして痒くて、肌も荒れてしまうのでなんとか治したいものですよね。アトピー肌だと、使う化粧品にも気をつけなければいけないし、普段の生活でも何かと強いストレスを感じてることも多いでしょう。

 

そもそもアトピー性皮膚炎はいくつもの要因が重なり起こる「他因子性」の病気と言われています。その原因や症状には個人差がありますが、肌のバリア機能を形成する遺伝子に異常があるのは共通しているというのがわかっています。

 

普通の人に比べるとセラミド量が不足しているので、アトピー性皮膚炎を抱えているならセラミドが配合された保湿剤を選び、継続して使うのが一番効果が高いはずです。


低刺激のクリームを選ぶのが基本



アトピー性皮膚炎だと少しの刺激でも肌を痛めてしまいます。そのため基本的には低刺激の保湿クリームを選ぶべきです。

 

なるべく肌に負担となる刺激の強い成分は配合されていない方がよいので、無香料やノンアルコール、防腐剤などが入っていないものを選びましょう。ただし自然派化粧品は防腐剤が含まれていないので、開封後は、早めに使い切る必要があるという欠点があります。

 

また、アレルギーテストが済んでいるもの、安全性の高いものも敏感肌・アトピー肌に合っています。化粧品を選ぶときは、低刺激・無添加・敏感肌用などの文字を頼りに探してみましょう。


クリームならセラミドを高配合できる



化粧品には化粧水やクリーム、美容液などさまざまな種類がありますよね。その中でもセラミドを多く配合できるのはクリームです。セラミドは脂溶性なので、テクスチャーが水から離れるほど多く配合できます。

 

そのためセラミド配合の化粧品を使うならクリームを選ぶのがいいですね。化粧水や美容液にもセラミドが含まれているものがあるので、それらを組み合わせて不足しているセラミドを補うようにしましょう。

 

セラミドにはいくつか種類がありますが、より効果を期待したいなら人の肌にあるセラミドと似せて作っている「ヒト型セラミド」がいいでしょう。

 

反対に疑似セラミドである「ヘキサデシロキシPGヒドロキセチルヘキサデカナミド」などはセラミドに似せて作っているだけのまがい物に近いので、なるべくなら使わないほうがいいかもしれません。ただ、値段が安いので、わかって使うのならいいと思います。


アトピー肌の保湿はお風呂上りがいい?



アトピー肌だと、お風呂で身体が温まるだけでかゆみが出たりしますよね。アトピー肌の人の、お風呂上りの痒みの原因はいろいろとありますが、保湿をするならお風呂上りの3分以内に水分と油分をともに補ってあげるのがいいでしょう。

 

お風呂上りはゆっくりとしたいという気持ちで、つい寛いでしまいがちになるけど、まずは、お風呂上りはすぐに保湿をするという習慣を身につけるのが基本です。


お湯の温度は必ず40度以下



洗顔をするときは必ず40度以下のぬるま湯または水で行いましょう。熱い湯は必要な皮脂まで落としてしまうので、乾燥を悪化させアトピー肌の改善はおろか症状をさらに悪くします。

 

お風呂中にメイクを落とす場合には、一度お湯の温度を下げてから洗顔しましょう。また泡を落とすときに、直接シャワーを顔に当てたりしないようにしてください。シャワーの水圧が肌への刺激となり、肌のバリア機能を破壊してしまいます。

 

楽だからといってそのままの温度で流したり、シャワーで直接流すことはアトピー肌を悪化させるだけなので絶対にやめましょう。


身体が濡れたままクリームを塗る



最近では身体が濡れたままでも塗れて、かつ効果があるクリームなどの商品が増えてきましたよね。しかし多くの場合は身体を良く拭いて、水分を取ってからスキンケアに移ることが多いです。

 

しかしこの時点でも身体が濡れたままクリームを塗った方が、水分と油分を整えることができるので良いんです。始めは慣れないかもしれませんが、次第に慣れてきて肌質も改善されていくでしょう。

 

身体が濡れたままクリームを塗っても水分はある程度残ってしまいます。最後に残った水分を清潔なタオルで優しく拭きとりましょう。またクリームを塗るときはなるべく円を描くように塗っていくとしわに沿って塗れるのでやってみましょう。


市販のアトピーにおすすめ高保湿クリーム!



アトピー肌を改善するための薬は病院でも貰えますが、なかなか病院に行けないという場合もあるでしょう。そんなときは市販のアトピー肌用に作られている保湿クリームを使ってみましょう。

 

メーカーは製薬会社や敏感肌専門ブランドの方がアトピー肌にとって安心です。アトピー肌用の商品にはきちんと低刺激や敏感肌用と記載がされているので、それを目印にクリームを探してみましょう。

 

また以下のようなクリームは低刺激で肌に優しい高保湿クリームです。どれが良いか迷ったときには手に取ってみるのも良いでしょう。


メディプラスオールインワンジェル


メディプラスオールインワンジェルを作った会社の社長は長年アトピー肌に悩まされてきました。それを打開するために開発したのがこのオールインワンジェルで、同じようにアトピー肌に悩む女性のためにと作られています。

 

これ1本で化粧水・乳液・美容液・クリームの4役をこなしてくれます。高濃度のセラミドはもちろん、保湿・美容成分としてヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタエキスなどが含まれています。また玉造温泉水を配合しており、温泉の持つ力をこの1本に詰め込んでいます。

 

値段は約2ヶ月分で3996円(税込み)です。1か月約1900円ちょっとでスキンケアが完了してしまうので、コスパが良い商品です。スキンケアが大変と思っているならオールインワンジェルを使ってみると良いでしょう

メディプラスオールインワン使った口コミ

 


アヤナス クリーム コンセントレート



肌本来の保湿機能をサポートする働きを持つ「セラミド2」を配合しており、美容成分としてコウキエキスやローズマリーエキス、CVアルギネートなどを高配合しています。

 

肌本来のバリア機能を高めながら、肌の奥に美容成分を閉じ込めて肌環境を改善へと導いてくれる高保湿クリームです。合成香料は不使用ですが、ストレス肌緩和のために天然植物エキスとしてゼラニウムとラベンダーの香りが心を癒してくれます。

 

値段は約1.5ヶ月分で5940円(税込み)です。高濃度のクリームが肌の奥へと美容成分を閉じ込めてくれるので、肌荒れに悩んでいるなら一度使ってみると良いですよ。

 

アヤナス トラアイルセット

 


NOVⅢ モイスチュアクリーム



常盤薬品が販売している敏感肌専門のブランドである「NOVⅢ(ノブ)」は天然型セラミド3を配合しており、乾燥肌や肌荒れが目立つ肌を整えて健康な肌へと導いてくれます。

 

セラミド3は保湿機能のサポートとしわを軽減させる働きがあります。アトピー肌だけでなく、しわが気になる肌へも使いたいクリームです。無香料・無着色で低刺激と敏感肌でも安心して使えるクリームなので、アトピー肌でも肌への刺激を感じにくいです。

 

値段は1本4860円(税込み)です。バリア機能のサポートをする成分であるセラミド3以外に、アミノ酸やスクワランといった成分を配合しています。ラインで使うことで肌を健やかへと導いてくれます。

 

常盤薬品ノブ公式HP

 

 

コメントを残す