セラミド化粧品の選び方!セラミド配合化粧品ランキング

アヤナス

ぷるぷるした赤ちゃんのようなお肌になりたいと女性なら誰でも思っています。 セラミド肌の保湿能力を決定付ける最重要成分で肌内部に持っているものですが、残念なことに歳を重ねるごとにどんどんと減っていきます。

アヤナスセラミドはコレステロールのようなものからつくられています。なのでコレステロールを食事から摂ったり、セラミドサプリから摂ってみても肌のセラミドは増えません。どうやって肌に補給するかというとセラミド配合の化粧品を使い直接肌から共有するのが効果的です。セラミド配合の化粧品は近年注目されていていろんなメーカーから販売されています。

以下の評価基準でおすすめできるベスト5の基礎化粧品をご紹介します。


セラミド配合化粧品を選ぶ基準

  • 配合成分
  • メーカー実績
  • 内容量
  • 価格

 


セラミド配合化粧品ベスト5

  1. アヤナス(ディセンシア)
  2. メディプラスゲル(オディプラスオーダーズ)
  3. アスタリフト
  4. 米肌(コーセープロビジョン)
  5. ヒフミド(小林製薬)

これらはどれもセラミドは配合されていますが、セラミドの中でも特に浸透率や保水力が高いのがヒト型セラミドです。このヒト型セラミドが配合されているのはアヤナス、モイスチャーライン、ヒフミド、アスタリフトです。

他のスキンケアも高浸透セラミドが配合されています。さすがにベスト5位ともなるとどれを使っても効果はあるようです。

セラミド化粧品を選ぶ時の知識として知っておいた方がいいことがあります。

  • セラミド化粧品は「化粧水」「クリーム」「美容液」どれが良いのか
  • セラミドは種類によって浸透率に差がある


化粧品と一言で言っても化粧水クリーム美容液といろいろあります。セラミドを意識するのであればクリームや美容液を選びましょう。何よりも配合されているセラミドがヒト型セラミドであるかどうかはかなり重要ポイントです。セラミドには種類があって、人の皮膚には6種類のセラミドがあります。

アヤナス中でも保水力がいいのがセラミド1・2・3です。このどれかが入っているのを選ぶといいですね。セラミドはどちらかと言えば高価な原料なのであまり安い商品は避けたほうがいいかも知れません。安いからといって購入すると肝心のセラミドが極少量しか配合されていなかったりするので気を付けましょう。

肌の角層の水分のうち80%以上はセラミドなどの細胞間脂質が守っています。セラミドが肌の水分を守る最大のカギといっても過言ではありませんね。

またセラミドは水と結合して、その水の湿度が0%になっても蒸発しないし、気温が-20℃になっても凍らないという性質を持っています。つまりセラミドはどんな環境に対応できる、まさに保湿のスペシャリストなんですね。


セラミドは角質細胞の間を埋めている細胞間脂質のことで、水分と結合することでラメラ構造というものをつくり、保湿やバリア機能を担っていますので、足りなくなると、一番に保湿がうまくいかなくなり乾燥しやすい肌になります。

セラミド健康な肌はセラミドがみっしりと詰まっていて、そのおかげで肌の深層部まで水分を届けてくれます。細胞間に規則正しく層状にみっちり配列しているセラミドは、バリア層(ラメラ構造)を作り、外部からの刺激であるエアコンなどからの乾燥や花粉、ハウスダスト、ダメージが肌に入ってこないように跳ね返してくれます。

しかし、セラミドが足りないと角質の配列も崩れ、肌の内側からの水分の蒸散が加速し、乾燥肌や敏感肌になりやすくなります。

アトピー性皮膚炎の原因はまだ解明されていないことが多く、遺伝的やセラミド不足が原因でないかと考えられています。肌が弱いというのには、肌内部の構造がダメージを受けやすくなっていて、セラミドを補うことで保湿が高まりダメージから守ることができるのではないでしょうか。

 

アトピーの人はセラミド量が少ない


実際、アトピーの人は普通の肌の人と比べるとセラミド量が少ないといわれています。

セラミドが少ないため、肌のバリア機能が極端に弱く外部からの刺激や細菌の影響を受けやすく、強いアレルギー反応が引き起こされます。それを解消するためにも、不足しているセラミドを補ってあげる必要があります。

セラミド

セラミドは歳を重ねたり、ストレスが多い場合でも、その量が減少してしまうので、規則正しい生活を心がけることに合わせて、食事化粧品などで外から補ってあげるのが早くて効果的です。

 

セラミドが毛穴を目立たなくする


セラミドはコラーゲンヒアルロン酸と同じようにお肌にうるおいを与え、肌をふっくらとさせてくれます。これは、肌の深層部まで水分が行き渡るので結果として良い効果になるということです。

セラミド

セラミドが角層に十分にあると、肌のきめも細かくなり、毛穴が目立たなくなります。アトピー肌や毛穴の目立つ人はセラミドを補ってあげることが改善ポイントになります。

食事から摂り入れることも大切ですが、まずは肌に不足しているセラミドを与えてあげなければいけません。

セラミド化粧品の選び方


セラミドといっても化粧品によって入っている成分内容が異なります

たとえば「ヒト型セラミド」であっても通常は角質層の表面あたりまでしか浸透してくれないことがほとんどです。おすすめできるのが、角質層の隅々まで浸透する「ナノサイズのセラミド」を選ぶことです。違いは、「ヒト型セラミド」のを選んだ方が効果的です。

元のヒト型セラミドの約20分の1にまで分子を小さくしたのがナノ化セラミドで、もともと浸透力が高いと言われているヒト型セラミドの肌への浸透力がさらに10倍も増えるので、角質層の隅々にまで潤いが行き渡ります。

 

セラミドはとろみのあるものを


セラミドセラミド配合の化粧品は現在でも数多く販売されています。その中でも、とろみのある化粧品が多いはずです。セラミドは水に溶ける水溶性ではなく、油に溶けやすい脂溶性なので、サラッとした化粧水には溶けにくく、乳液タイプやクリーム類に適しています。また、水のようにサラっとしているテクスチャーで入っているとしてもセラミドの配合量が極めて少ないか、界面活性剤が多く使用されている可能性があるので注意が必要です。

セラミド配合の化粧品をテクスチャーから判断するなら、ドロッとしているとろみ感のあるものなら、信用して良いでしょう。

 

セラミド以外のおすすめ成分は?


肌のバリア機能が極端に弱くなっている場合、角質層のセラミドがきちんと整うように改善するのが基本ですが、ほかにも良い成分があるので紹介します。

セラミド以外にも肌のバリア機能を整えてくれる成分に、ヒアルロン酸やコラーゲンなどがあります。これらの成分がセラミドと共に含まれているかを確認し、選ぶようにするといいでしょう。

セラミド皮膚の構造は表面から順番に表皮、真皮、皮下組織に分かれています。セラミドは表皮の部分と角質層の隙間に存在していて、ヒアルロン酸は真皮にあります。どちらも加齢やストレスなどにより減ってしまうもので、減ってしまうと肌の保湿力が低下し、結果としてシワやたるみの原因にもなります。

また、真皮の70%はコラーゲンで作られ、表皮の一部である角質層にも存在していて、肌以外の体のあらゆるところに存在するコラーゲンは、保湿力を高めるためには欠かせません。セラミドが外側から内部のコラーゲンの働きをサポートするので、コラーゲンはなくてはならない存在になります。

どれも肌にとって不足してはいけない成分なので、同時に補えるものが理想です。

効果で比較!セラミド化粧品ランキング


セラミド配合の化粧品って数多くあるけど、どれを選んだらよいの?という初心者の方におすすめの化粧品を紹介します。

セラミドセラミド配合の化粧品はセラミドの種類や量から比較すると、1本3,000円以上の基礎化粧品が効果が期待できます。その中でも成分が効果が優れた種類が配合されているものを選ぶのがポイントですが、トライアルセットを試してみて肌に実際につけて比較するのが良いでしょう。

 

アヤナス(ディセンシア)

アヤナス


靭帯が持つセラミドと全く同じ構造をしたヒト型セラミドが贅沢に配合されています。またこのヒト型セラミドをナノサイズのカプセルにしているので、通常のセラミドに比べて4倍もの浸透力を持っています。人の肌になじみやすいように作られているので、肌が異物と勘違いしにくいのがポイントです。

アヤナス

アヤナス

私も実際に使ったことがありますが、テクスチャーはかなりドロッとしているのに、肌にしみわたっていくのが早いです。肌がもっちもちとするような感覚があり、次の日は肌の調子もいい感じです。ニキビなどの炎症やニキビ跡にも効果があるということで、大人ニキビに悩んでいる女性にもいいでしょう。

 

トライアルセット初回限定1000円★詳細はこちら

 

アスタリフト(富士フィルム)


アスタリフト


富士フイルムの技術によって生まれた「3種のコラーゲン」「Wヒト型セラミド」などの美容成分が含まれています。

wヒト型ナノセラミドで水分を肌にとどめてうるおいをキープし更に肌をつややかにします。これらは富士フイルムの技術でナノ化できる特許技術として登録されています。

アスタリフト肌への浸透力が通常に比べて2倍以上にアップしているので、初めて使った人も実感できる実力商品です。

口コミでも絶賛する人が多くリピーターもすごく多いのが特徴です。

 

 

 

 

アスタリフト ジェリー アクアリスタ

40代女性

季節や体調によって、肌の調子が悪くなったりしていましたが、ジェリーを使用し始めて、気付いたらそれらがなくなっていました。

40代女性

 

ほかの口コミ

とろみのあるテクスチャーで肌に馴染みやすかったです。匂いも優しい香りで私は好きでした。(30代女性モイストローション)
アスタリフトは発売当初から愛用しています。肌の調子が悪い私はジェリーでの使い心地で問題なくメイクできています。小さいサイズのスパチュラを、中ぶたの上へ収納できたら助かります。(50代女性)
数個使い続けました。使用感はバッチリ!(40代 アスタリフト ジェリー アクアリスタ)
ジェリーを最初につけることで、肌が違います。毎日、使い続けると肌の調子がよくなったことを実感しました。定期購入しています。(50代女性 アスタリフト ジェリー アクアリスタ)

また赤の力と呼ばれるアスタキサンチンも含まれています。抗酸化作用があり、サビやすい中年女性からの肌のエイジングとして期待できます。他にもコラーゲンやローヤルゼリーエキスなどが配合されているので肌の深層部からダメージ補修してくれます。

 

アスタリフト

 

 

メディプラスオールインワンゲル

メディプラスオールインワンゲルの開発した社長さんはもともと自身の肌がアトピー肌の敏感肌で、悩みを持っていたのが始まりでした。

メディプラス


自分の肌に合った化粧品を見つけるために、研究をはじめたどりついたのが、美容液やクリームなど複数使うことが肌に刺激を与えてしまうということで余分なものをすべて排除したシンプル化粧品で、最終的に納得できたのがこのメディプラスオールインワンゲルだったのです。

メディプラス1回のお手入れですべて完結するために作られたオールインワンゲルは、スキンケアの時短のためのものではなく、敏感肌のためにこだわりぬいた結果に基づいた化粧品です。

3種類のヒアルロン酸に、2種類のコラーゲン、3種類の高濃度セラミドほかに、プラセンタエキスやビタミンC、アミノ酸・・と40種類以上の美容成分を含み、美肌によい温泉水も使っていて、他のオールインワンゲルとは群を抜いた効果の違いを感じることができるでしょう。

 

メディプラス

通常価格3996円⇒2996円で初回限定で試せます。(ただし60日ごとの定期購入便で2回目は3796円ですが、お届け5日前ならいつでも解約自由・ネットから簡単手続き★超良心的★)

 

 

 

そのほかのセラミドスキンケアランキングはこちら

コメントは受け付けていません。