セラミドとはなに?セラミドの減少の原因!

ディセンシアアヤナストライアル

肌の保湿を助けるもので欠かせない成分がセラミドです!

セラミドは、肌の角質層に含まれる脂質で、細胞と細胞をつなぐ役割があり、肌の健康にすごく重要です!⇒乾燥やトラブル肌に重要な関係あり!


最近小じわが増えてきたとか、化粧のりが悪くなってきたファンデーションが浮いてしまったり、よじれてしまったり・・という悩みの人は、肌の健康を疑ったほうがいいかもしれません。セラミドは肌の構造を支える一番重要な細胞なので、スキンケアでは最も気にしないといけないところなんです。


セラミドの主な働き


セラミドは人の体内とくに肌や髪に多く含まれるものなのですが、このセラミドというもの、加齢により減少していくので、補充してあげる必要があります。コラーゲンやヒアルロン酸などと同じですね。

セラミド


  • 紫外線などの外敵から肌を守る
  • 肌の水分の蒸発を防ぐ
  • 皮膚のバリア機能を高める
  • 化学物質や花粉などの侵入を防ぐ


セラミドの働きは、このようなものがあります。セラミドは、コラーゲンやヒアルロン酸のように優れた保湿成分があり、この成分が減少すると乾燥し、シワが目立つようになっていく、というわけです。


敏感肌アレルギー肌はセラミドが少ない!


アレルギー体質の肌の人が最近では、すごく多くなっていますよね。実は、アトピー性皮膚炎の人や敏感肌の人は、原因として、通常の人よりもセラミドが少ない傾向になっていることがわかっています。

アヤナス肌内部のセラミドを整えていくのが最重要なんです。アトピー肌になっていなくても、乾燥肌や敏感肌の人は、セラミド補給と免疫力アップが一番重要!

セラミドは、加齢とともに減少をすることが明らかになっていますが、セラミドを定期的に補給することで、乾燥肌や敏感肌はもちろんだけど、アトピー性皮膚炎の特有の肌のかゆみも改善された!という研究結果がでているんです!

以前は、敏感肌の人でも皮膚科の医師の判断をあおって、専用のクリームを使うなどしか処置がなかったけれど、最近では、敏感肌専用化粧品が各社から出ています。特徴がそれぞれのメーカーによって違うのでチェックしておきましょう。


敏感肌専用化粧品と皮膚科の処方箋との違い

  • 病院の処方箋は、肌の炎症を抑えるだけ。
  • 従来の敏感用の化粧品は刺激を抑えただけだった。
  • 最近の敏感肌専用化粧品は肌再生にも効果あり。

 

アヤナスこのように、敏感肌専用の化粧品は、病院の薬と違って、刺激を抑えながらも、肌の内部の組織に働きかけ、再生する効果が期待できます。特に、敏感肌専用化粧品のディセンシアでは、天然のセラミドが肌内部に浸透し、敏感肌が改善された、という口コミも多く出ています。

天然セラミド配合敏感肌専用化粧品体験しました!


セラミドが減っていく原因


セラミドが加齢で減少するのは、わかったけどほかにも減る原因があるのです!

セラミドの減少の要因

  • 環境によるストレス
  • 不規則な生活
  • 睡眠不足
  • 食生活の乱れ

 


セラミドの減少をなるべく抑えられるよう、規則正しい生活をおくるとともに、外から化粧品などでセラミドを補っていきたいものですね。

年齢に関係なくセラミドは減少する!?


セラミドといえば肌にとってうるおいを保持してくれる存在ですが、このセラミドが減少する原因は年齢だけではないと知っていますか?

洗顔


年齢以外に肌のセラミドが減ってしまう原因が、実は毎日の洗顔とクレンジングにあります。間違った方法で毎日続けてしまうと、若くてもセラミド不足になり、肌が衰えハリやうるおいが失われます。

間違ったスキンケアをしていないかもう一度見直すとともに、セラミドを失わない方法を知っておきましょう。

 

クレンジングはミルクタイプがおすすめ


クレンジングにはオイルやミルク、クリーム、ジェルといった種類がありますが、その中でもミルクタイプがおすすめです

クレンジング特にオイルタイプのクレンジングを使用していると、皮脂や汚れと共にセラミドまで溶かしてしまいます。セラミドは脂溶性なのでクレンジングオイルではセラミドも一緒に洗い流してしまいます。

そのためクレンジングを選ぶときはクリームやミルクタイプがおすすめです。オイルタイプよりかは洗浄力が落ちますが、セラミドを失わないためにはこちらがおすすめです。

 

洗顔はたっぷり泡立てて


洗顔をするときにはたっぷりの泡を立てて、泡のクッションを作るようにしましょう。

洗顔泡立ちが不十分なまま肌をごしごしと擦ってしまうと、角質層が剥がれて肌が荒れてしまいます。大切なセラミドだけでなく、肌を傷つける行為になるので絶対にやめましょう。

肌を洗う時はたくさんの泡で、手と肌の間にクッションを作り皮膚を刺激しすぎないように洗いましょう。

 

加齢によるセラミドの減少をストップ!


セラミドは普段の洗顔やクレンジングに気をつけていても、年齢とともに生産力が落ちていきます。

赤ちゃんセラミドの生産力は赤ちゃんの時期が一番ピークで、その後年々と衰えていきます。30代になると格段に生産力が落ち、50代になると20代の半分程度しか生産できなくなります。

さらに60代になると90%の人が乾燥肌になるといわれているので、若いうちからセラミド配合の化粧品による保湿の積み重ねがとても大切です。

セラミドはストレスや外的刺激、食生活などからどんどん失われていきます。失われる量よりも生産できる量を増やしてあげることが重要なので、普段からストレスを発散したり、バランスの良い食生活を心がけるようにしましょう。

 

原因別セラミド減少の対処法


セラミドが減少するのはさまざまな原因があります。そのため原因にあった対処法をすることで、肌のセラミド量を減少させずにキープすることが可能です。

女性自分の肌がどうしてセラミドが不足しているのか、一度原因となるものを考えてみましょう。

どんなに効果の高い化粧品であっても、自分の肌に合っていなければ意味がないのと同様に、見当違いのケアをしても効果は感じられません。

 

生活習慣が不規則


生活が不規則だったり、偏った食事や睡眠不足などが多い人は要注意です。

そんな生活習慣が不規則だと、肌ダメージは加速しやすいので、まずは生活リズムを整える必要があります。それと合わせて、食事からセラミドを摂取して、更に成長ホルモンを分泌させるような機会を作ると、保湿成分を生産できる肌作りができるようになります。

白い食品


生芋こんにゃくや米、小麦、大豆、牛乳などの食品には、セラミドが多く含まれています。また体内でのセラミドの生成を助けてくれる玉ねぎや白菜などの白色の食品を積極的に摂取するようにしましょう。

就寝前の2時間はなるべく何も食べないようにして、成長ホルモンを分泌しやすくしてあげるのが良いです。就寝前の飲食は胃腸を活発化させ、眠りに就けなくなるなどのトラブルを引き起こします。

睡眠の質が低下すると成長ホルモンも十分に分泌されなくなってしまうので、良質な睡眠がとれるような工夫をしていきましょう。

 

敏感肌やアトピーはライン使いがおすすめ


敏感肌やアトピーはセラミド不足が原因と考えられています。

ディセンシア


そのため不足しがちなセラミドを補えるように、セラミド配合の化粧品をラインで使い、セラミドを増やす食事も併せて行いましょう。また外出するときはUVケアを忘れずに行うようにします。

化粧品は自分の肌にあったものでなければ効果が高いとはいえません。さらに肌環境を悪化させないためにも、使う化粧品は特に気をつけるようにしましょう。

 

セラミドを補うスキンケアランキング

コメントは受け付けていません。