セラミドの種類とその違いや役割を解説!アトピーや敏感肌には何がいい?

セラミドにはいろいろな種類があります。ひとくちにセラミドといっても、いろいろな種類があるのはご存知でしょうか?


セラミドは4種類

  • 天然セラミド
  • ヒト型セラミド
  • 合成セラミド
  • 疑似セラミド


天然セラミドは、もともと人の皮膚の中にあるセラミドのことで、ヒト型セラミドは、合成セラミドの中でも、一番刺激が少なく、浸透も良いので、人気の高い成分です。「疑似セラミド」は、合成セラミドと同じような作り方をしているけど、成分の構造は全く違うので、割と安く使えます。


セラミドが肌を守ってる


セラミドはもともと皮膚の中に存在していて肌の保湿をしてくれます。肌の角質層の細胞のすき間をうめているのがセラミドなんです


セラミドが肌を守ってくれる

セラミド自体は脂質なのに、水分をしっかり抱え込む働きがあります。 肌の角質層から水分が蒸散するのを防いでくれます。セラミドが角質層のうるおいを保ってくれているんですね。 その結果、肌を守る「バリア機能」で、肌荒れしにくい状態へ導いてくれます。

One Response to “セラミドの種類とその違いや役割を解説!アトピーや敏感肌には何がいい?”

コメントを残す