コラーゲンとは?コラーゲンの効果的な摂り方をご紹介!

コラーゲン

コラーゲンの正体はアミノ酸だった!

肌に良い成分として、あまりにも有名なコラーゲン。ドラッグストアにいけば、コラーゲンと表記のあるもののなんと多いことでしょう。 コラーゲン入りサプリメント栄養ドリンク化粧品などなど本気で探すとかなりの商品があります。


スキンケアコラーゲンはもともと何かというと、理科で習ったあのアミノ酸です。コラーゲンは約20種類のアミノ酸から出来ています。

厳密には、コラーゲンそのものが皮膚や体内にしみじみと染み渡るのではなく、コラーゲンを取り入れて、体内で消化されて、アミノ酸とペプチドになって血中に入るということなんです。


コラーゲンを積極的に取り入れた血液

  • ヒドロキシプロリンが多く存在する

※ヒドロキシプロリン=コーラゲンの材料

  • 肌の傷を治すペプチドの成分が多く含まれる

 

コラーゲンは肌自体によいだけでなく、肌を強くすることができるのですね。身体によいので、食品からでも化粧品からでも積極的に取り入れて、年齢に打ち勝てる丈夫な肌をつくっていきましょう!


コラーゲンの効果的な摂り方!タンパク質と一緒にとる


コラーゲンを手っ取り早く摂れるのはサプリです。しかしコラーゲンをサプリだけでとってもダメなんです。アミノ酸バランスの良いたんぱく質を一緒にとることが重要なんです。

コラーゲン+たんぱく質が決め手!

スキンケアたんぱく質が不足してしまうと、新しいコラーゲンの合成や古くなったコラーゲンの分解がうまくいかなくなります。

魚や卵など食事でたんぱく質をとりましょう。

揚げ物などの高脂肪食は効果を下げてしまうのでできるだけ避けた方がいいですね。

コラーゲンは肌だけでなくにも良いこともわかっています。やはり積極的にとりたいものですね。

 

コラーゲンの吸収には小さく分解されるのが必要


コラーゲンと言えば「美肌」「肌に必要」というイメージがありますが、そのまま食べれば肌の栄養素として取り込まれるものでもありません。タンパク質は、食べたら体の中で消化し吸収されます。タンパク質のときは、消化の段階で消化酵素の働きによりアミノ酸やペプチドなど、かなり小さい分子なるまで分解されます。

スキンケア一方、コラーゲンも、食べたら体内で分解されるのは他のタンパク質と同じです。

しかし、コラーゲンそのものとしては吸収されずに、アミノ酸やペプチド (アミノ酸が2~3個結合したもの) などのかなりの小さい分子に分解してから吸収されるようになっています。

アミノ酸は約20種類ありますが、その分子の大きさは、種類によって約89~204となり、コラーゲンの分子の大きさはだいたい10万~30万ほどあるので、吸収するためには、アミノ酸レベルまで分解する必要があります。

 

コラーゲンの効果を自分で操作ができない


スキンケアコラーゲンはタンパク質の一種で体を構成している全タンパク質の約1/3をコラーゲンで占めています。

コラーゲンは皮膚や血管、骨、関節、内臓など体のほとんどの組織にある繊維状タンパク質なんです。しかし、コラーゲンをとれば必ず美肌に効果があるわけではありません。

わたしたちは、コラーゲンやたんぱく質を食事で摂って、体内で消化させ、「アミノ酸」に分解するとその分子を使って、体の中でまた、タンパク質の合成をおこないます。

しかし、どのタンパク質をどれくらい合成するかは自分の体の中で自然に決められるので、美肌効果のためにコラーゲンを使うのか膝の関節痛予防に使うのかは操作することができません。

このような摂りこみ方をしているので、コラーゲン鍋を食べたとしても、あくまでも「コラーゲンの材料であるアミノ酸を食べた」というだけになります。

そのアミノ酸が体内でコラーゲンに再合成されるかどうか、やどんな部位に利用されるのかは、自分では決められません。そうはいっても、足りない部分に使われるだろうと期待をもって、コラーゲンが含まれる食事内容を適度に取り入れていきたいですね。

コラーゲンが多い食べ物とおすすめレシピ

 

スキンケア
コラーゲンが多い食べ物をただたくさん食べれば良いというわけではありませんが、敏感肌やダメージ肌の人は効率的に体に吸収させることが大切です。コラーゲンが多い食べ物とおすすめのレシピをご紹介します。

 

コラーゲンを摂れる食品

 

(動物性コラーゲン)

豚足・牛すじ・鶏手羽先・フカヒレ・うなぎ・すっぽん・エビ など

(植物性コラーゲン)

大豆製品・キクラゲ

動物性コラーゲンは、カロリーが高いので摂り過ぎは注意が必要です。

植物性コラーゲンなら低カロリーで高タンパクなので、ダイエット中の人にはいいですね。食品で摂るのは面倒という人はサプリで摂るのもいいですね。その場合も、魚由来のサプリを選ぶのがおすすめです。

 

コラーゲンを活かしたレシピとポイント


スキンケア

手羽先の煮込み

1.手羽先は煮込む前に焦げ目をつけておきましょう。

2.煮物を作るのと同じ方法で手羽先を煮込みます。

牛スジのシチュー

1.ビーフシチューの要領でビーフの代わりに牛スジを使います。

ぷるぷる食間がたまりません!

キクラゲと卵の炒め物

1.キクラゲ→卵の順に炒める

タンパク質も一緒に摂れるのでいいですね。

骨付き鶏もも肉のスープ

1.鶏もも肉と生姜、長ネギ、ニンニクなどの薬味と鶏ガラスープでコトコト煮込む

骨付きではなくて普通のもも肉でもいいですが、骨付きの方がよりお出汁がでてプルプル感がいいですよ。コラーゲンがスープに染み出しているので、スープもしっかりいただきましょう。

 

美肌のための生活習慣



いくら美容や健康にいいからと、コラーゲンを摂るだけではダメです。コラーゲンをより効果的に吸収するためには、日ごろの生活習慣も大切です。バランスのとれた食事、質のよい睡眠、適度な運動などは、日頃から意識しておきたいポイントです。

外食が多いという人は、これを機会に栄養を考えながら自炊してみるとか、運動が苦手という人は、通勤の時に一駅前で降りて歩いたり、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使用するなど、ちょっとした工夫で生活習慣の改善はできますよ。自分が無理ではない範囲で続けることが大切ですね。

コメントは受け付けていません。