なぜ富士フィルムがアスタリフトを開発?効果や口コミはどうなの?

富士フィルムのアスタリフトは、ヒト型ナノセラミドが入っていて、その効果がかなり評判ですが、富士フィルムっていう会社は確かカメラのフィルムを作っていた会社なのに、一体なんで?と思いませんでしたか?

 

私は2014年あたりにニュースで見たのが、エボラ出血熱の対策用に新しいワクチンを開発したという知らせです。気になって調べると富士フィルムは、医療関連での研究やスキンケア関連での研究がすごく進んでいるということがわかったんです。

 

富士フィルムの化粧品分野につながる研究

 


富士フィルムの研究(開発した注目の分野)

  • ナノテクノロジー・・写真フィルム内部の細かい部分を安定的にする技術⇒成分に応用
  • 抗酸化技術・・紫外線からの写真の色あせを防ぐ抗酸化研究⇒紫外線と肌の関係に応用
  • コラーゲン研究・・写真フィルムの主原料がコラーゲンで肌の主成分と同じでダメージから守るのに応用

 

もともと富士フィルムのカメラやフィルムの分野での研究がスキンケアで研究するものに似ているところがあります。それを応用して、スキンケア分野でも専門的に研究することで、人の肌により良い成分が浸透しやすい技術を開発していったのですね。

 

実際にアスタリフトは、はじめ不思議な感覚だったけど、使ってみたら、肌の潤いとハリ感がすごくありました。刺激も全くなく私はすぐに使え、効果も早く感じました。(夜、朝と2回使って特に肌の違いを感じました)。

 

多分、ヒト型セラミドが入っているジェリーアクアリスタだけ使い続けるだけでも違うと思うんです。特に私の場合は目元の小じわが目立たなくなってきたので、もう少し続けるともっと楽しみな気がしています。

 

コメントを残す