イソフラボンの女性ホルモン様作用とは?美肌効果について解説

イソフラボンは女性ホルモンと同じ働きをします。

コラーゲンや、ヒアルロン酸などの成分をしっかり取り入れて美肌をキープしていくのが鉄板なのですがそのほかにも忘れていけない成分があります。それは、女性ホルモンです。 皮膚の老化には、女性ホルモンの減少が深く関係しています。

加齢とともにどんどん減少していく女性ホルモン、これを補う手はないものでしょうか?

イソフラボンという名前を聞いたことがありますか?大豆イソフラボンがおそらく最も有名ですね。これは、女性ホルモンと同じ働きをする成分として知られています。


イソフラボンの働き

  • 肌や髪のツヤ、ハリを保つ
  • 肌の新陳代謝を促進する


これは言い変えると、イソフラボンがコラーゲンを増やしている、ということです。肌の新陳代謝が高まれば、肌がきちんとしたペースで生まれ変わります。その結果、保湿力もアップします。


大豆イソフラボンを多く含む食品

  • 納豆
  • 豆乳
  • 豆腐
  • 油揚げ
  • きなこ

以上がイソフラボンが豊富に含む食品の上位に入ります。昨今、食生活の欧米化が進んでいますが、しっかりと和食中心の食生活で女性ホルモンを活性化し、うるおいある美肌をキープしていきましょう。


イソフラボンの主な効果とは?


イソフラボンとは、大豆の芽に含まれている、植物ポリフェノールの一種のことです。女性ホルモンの一種である、エストロゲンと同じ働きをしてくれ、女性特有の症状を改善してくれます。

イソフラボンは女性の味方です

イソフラボンを摂るとこんな効果があります。

  • 更年期障害
  • 骨粗鬆症を防ぐ
  • 乳がんの予防
  • 動脈硬化
  • 生理不順の改善
  • 豊胸効果

どうですか?イソフラボンを沢山とると、美容や健康にうれしいことがいっぱいですね。女性ホルモンの減少による更年期障害は、イソフラボンを摂ることで改善できます。骨に関しては、骨の密度を維持して、骨粗鬆症の改善が期待できます。

 

また女性ホルモンの過剰分泌による乳がんも、女性ホルモンの分泌を正常に整えるイソフラボンによって効果が期待できます。一番有名な効果は、エストロゲンは、女性らしい体を作る効果があり、バストアップ効果生理不順の改善にも効果を期待できます。

 

イソフラボンは女性にとってはとても必要な成分ですね。ぜひ、日常的に摂りたいものです。

 

イソフラボンが女性ホルモンの代わりに?その効果



女性が女性らしくあるために必要なホルモンである女性ホルモン。加齢やストレスによって失われやすいホルモンだからこそ、常に分泌を促して不足しないようにしたいですよね。

 

そんな女性ホルモンと似た働きを持つとして大豆イソフラボンが注目を集めています。大豆イソフラボンの特徴は女性ホルモンの一種である「エストロゲン(卵胞ホルモン)」に似た働きを持っています。女性の美しさや若々しさ、健康をサポートしてくるホルモンに似ているのが大豆イソフラボンです。


更年期障害の緩和に


女性ホルモンは体内で分泌されるホルモンですが、加齢と共に女性ホルモンの分泌量は減少していきます。女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が減ってしまうと、やがて更年期や閉経を迎えてさまざまな不調が現れます。

 

しかし大豆イソフラボンを多く摂っていると人はホットフラッシュ(更年期障害によるほてりやのぼせ)がみられにくいという報告があります。大豆イソフラボンが女性ホルモンの代わりをしてくれている証拠なので、こういった更年期の症状を緩和するためにも普段から大豆イソフラボンを摂取するようにしましょう。


生活習慣病・骨粗鬆症の予防に


エストロゲンには女性らしい身体を作るだけでなく、コレステロール値を下げる働きやカルシウムの流出を防ぐ働きがあります。

 

しかし減少すると生活習慣病や骨粗鬆症を引き起こしやすくなるので、大豆イソフラボンを摂取してエストロゲンをサポートするようにしましょう。普段の健康のためにも女性ホルモンは欠かせないホルモンです。

 

加齢やストレスによって減少しやすいホルモンだからこそ、意識してそれをサポートしてくれる大豆イソフラボンを摂取することが大切です。

 


イソフラボンの女性ホルモン様効果で美肌に



女性ホルモンは女性らしさを保つためのホルモンですが、それは美容にも関係しています。女性ホルモンはコラーゲンやヒアルロン酸の生成を促して肌をなめらかに美しく保つ働きがあります。イソフラボンはその働きをサポートしつつ、イソフラボンの持つ抗酸化作用でコラーゲンの分解を抑制します。

 

そのため不足している女性ホルモンをイソフラボンで補ってあげるとより美肌効果が期待できるのです。女性ホルモンであるエストロゲンはサプリメントでも補えますが、過剰摂取は副作用を引き起こします。

 

食事で大豆イソフラボンを摂取した方がより安全にサポートが望めるので、サプリにすぐ頼るのはおすすめできません。まずは大豆イソフラボンを含む食品で女性ホルモンのサポートをしてあげましょう。


女性ホルモンに似たイソフラボンは豆乳がおすすめ!



イソフラボンは毎日75㎎の摂取が望ましいといわれています。納豆1パックで約36㎎豆腐半丁で約42㎎しか摂れません。そこで毎日の食生活に豆乳(調整豆乳)をプラスすることで約50㎎のイソフラボンの接種が可能になります。

 

豆乳と納豆や豆腐を組み合わせることでよりたくさんのイソフラボンが摂れるので、大豆製品を取り入れるようにしましょう。


豆乳なら飽きずに美肌に


豆腐や納豆はアレンジに困る、好き嫌いがあるなどなかなか摂れない人も多いでしょう。しかし豆乳ならそのまま飲むだけでなく、ソイラテ抹茶ソイグラタンシチューなどさまざまなアレンジができます。毎日アレンジを加える・変えることで飽きずに続けられます。

 

イソフラボンを含んでいる食品であっても、毎日摂り続けるのは大変です。より摂りやすく続けやすい大豆製品を選ぶようにしましょう。


過剰摂取に注意!


女性らしい身体に必要な女性ホルモンですが、実は過剰になると乳がんや子宮がんのリスクを高める可能性があります。他にも初潮が早い・出産が遅いと月経の回数が多いのでエストロゲンが過多に傾きやすいです。そこにイソフラボンを摂取すると余計にエストロゲンが過剰になってしまいます。

 

エストロゲンが過剰になるとホルモンバランスが崩れ、生理痛をひどくさせたり更年期障害のような症状が表れることがあります。そのため女性らしくあろうとイソフラボンを大量に摂取するのは止めておきましょう。

 

おいしいとつい食べ過ぎ・飲みすぎてしまいますが、こういったリスクもあることを知っておきましょう。


イソフラボンは”エクオール”を増やす?女性ホルモンとの関係



エクオールとは大豆イソフラボンから作られる成分のことです。大豆製品を食べると腸内細菌の力で大豆イソフラボンの一種がエクオールへと変化します。このエクオールは美容効果や健康効果が高いとして注目を集めています。

 

さまざまなメディアでも紹介されていますが、全ての人がエクオールを作れるわけではないという欠点があります。


目尻のシワが改善された?


エクオールの魅力はテレビ番組の「世界一受けたい授業」で「エクオールを12週間摂取した人の目尻のシワが顕著に現れた」と紹介されました。

 

エクオールには抗酸化作用や男性ホルモンであるアンドロゲンの作用を抑制するといった働きが期待できます。またエストロゲンが過剰に傾いた際にはそれを抑制する抗エストロゲン作用も持ち合わせています。

 

エクオールは大豆イソフラボンよりもエストロゲンに似た働きを持つことが分かっています。女性にとって魅力の高いエクオールですが、すべての人がエクオールを自分の体内で作れないのが現状の問題として挙げられています。

 


日本人の約半数はエクオールを腸内で作れない


日本人の約半数、2人に1人はイソフラボンからエクオールを変化させられないといわれています。その理由は腸内細菌にあり、イソフラボンからエクオールへと変化させる腸内細菌が少ないからです。腸内細菌が活発でない人はエクオールの生成が難しいのです。

 

腸内細菌の中にエクオール産生菌があるかないかは検査で調べることができます。郵送でソイチェックを行っているところもあるので、興味があれば行ってみると良いでしょう。

 

エクオールは腸内で作れなくてもサプリメントで補うことができます。エクオールを作れる人であっても大豆製品を食べなければ作られないので、手軽にエクオールを摂取したいときはエクオール含有サプリメントを使用すると良いでしょう。


腸内環境を改善しよう!


腸内環境を改善するためにも、大豆製品や食物繊維を含む野菜類は毎日食べるようにしましょう。大豆製品は特に納豆などの発酵食品がおすすめです。発酵食品は菌が生きたまま含まれているので、腸内へと入ると善玉菌を増やしてくれます。善玉菌は健康な腸内に欠かせません。

 

また食物繊維はそんな善玉菌や腸内細菌のエサとなるのでより増やすのをサポートします。腸内環境の改善は便秘にも解消だけでなく肌トラブルの改善効果も期待できるので、積極的に摂っていくようにしましょう!

 

コメントを残す