レチノールの効果と副作用は?肌に良い使い方や食品で摂取する方法

アンチエンジングにはレチノールです。

レチノールは最近、急速にその名が知られてきている成分でアンチエイジングにとても効果があります。とくに目元のシワたるみほうれい線に効果があります。高濃度にレチノールを含む化粧品を選んで、ぜひともアンチエイジングにつなげていきたいですね。


レチノールというのはビタミンAを生成する物質で、食品にも含まれています。


レチノールが多く含まれる食品

  • 鶏のレバー
  • 豚のレバー
  • あんこうの肝
  • うなぎの肝

 

この4つは群を抜いてレチノール含有量が多いです。肌からも食品からも、つまり外からも内からもレチノールを取り入れ、しっかりエイジングケアをしていけたらいいですね。レチノールそのものは、紫外線や酸素に弱いので、使い終わった後は、しっかりとフタを閉め冷暗所に保管しましょう。


 

年齢を重ねるたびに、もっと今より若返りたい・・そう思うことはありませんか?そんな効果が期待できるレチノールの効果について紹介します。レチノールは、ビタミンCやビタミンE同様に化粧品に配合するには不安定な成分という特徴があります。


レチノールを使って最も期待できるのはシワへの効果です。レチノールが配合された化粧品の多くは、シワを改善するためとして販売されています


シワを改善する作用とは


  • 繊維芽細胞の活性化

→肌にハリ・弾力が戻る

  • ターンオーバーの促進

→肌の生まれ変わりが正常に行われ、シワが固定化しにくくなる

  • 肌の水分保持

→新しくできた細胞の水分を保持する


シワがくっきりとなってしまう前に使うのがいいですね。レチノールで若々しい肌を保ちたいところですね。

 

レチノールとは?レチノールで目元のしわを改善!

 

レチノールとはビタミンAのことです。皮膚や粘膜を強くする作用があるので化粧品にも用いられますが、そのまま配合すると不安定なため効果があまり期待できません。そんな欠点を改善するために改良されたのが「パルミチン酸レチノール」です。

 

レチノールは美肌成分を作り出す線維芽細胞に働きかけて生成を促すという働きがあります。そのため肌にうるおいやハリ、弾力をよみがえらせる成分(コラーゲンやエラスチン)の生成を促してくれるのでしわが目立たなくなる、しわ改善効果が期待できます。

 

化粧品に配合されるパルミチン酸レチノールはレチノールにパルミチン酸を結合させたものです。より成分を安定化し、浸透するように作られています。


水分保持力も高めてくれる


せっかく補った保湿成分でも、肌の水分保持力が低いと水分を抱え込めずに逃がしてしまいます。それによって乾燥肌が引き起こされたり、乾燥が悪化します。レチノールは肌に水分を溜め込む力を高めてくれるので潤い成分をしっかりと肌に閉じ込めてくれる働きがあるので、乾燥肌の改善にも効果が期待できます。

 

外から補った保湿成分も肌本来の水分保持力があってこその効果です。それを無駄にしないためにもレチノールで肌の水分保持力を高めてあげると良いでしょう。


しわに叩き込むように塗るのがおすすめ


通常クリームや化粧水、美容液といったら伸ばしながら塗るのが一般的ですよね。しかし実はクリームなどを伸ばしながら塗ってしまうとしわやたるみをさらに悪化させる恐れがあるんです!そのためレチノールの効果をより肌に届けるためにも、優しく叩き込むように塗るのがおすすめです。

 

特にしわやたるみが気になる部分を重点的にケアすることでより浸透させるようにします。また肌に浸透するようにといっても、強く叩くと肌環境の悪化につながるので優しく叩きこむように塗りましょう。


ニキビにも効果的?レチノールの効果



レチノールには古い角質を剥がし、新しい角質へと生まれ変わらせる働きやピーリング効果があるといわれています。そのためしみやくすみといったトラブルの他にもニキビやニキビ跡にも効果が期待できます。

 

肌のターンオーバーを促進させる働きがあるのでさまざまな肌トラブルを抱える肌にうれしい効果をもたらしてくれます。


肌のターンオーバーも助けてくれる


レチノールには古い角質から新しい角質へと生まれ変わらせる働き(ターンオーバー)を促す作用がありますが、このターンオーバー作用をさらに助けてくれます。

 

肌がターンオーバーをして新しい角質へと生まれ変わった時に、肌の潤い成分もいっしょに生成されるので乾燥が原因によって引き起こされるニキビに効果的です。またレチノールの働きによって水分保持力も高まるのでより良いターンオーバーを促してくれます。


洗顔後すぐに使うのが効果的


レチノールの効果をより肌に届けるためにもレチノールは洗顔後すぐに使うのが効果的です。乳液やクリームの後に塗るとそれらに含まれる油分で浸透が邪魔されてしまいます。せっかくの有効成分も油分によって邪魔されると効果を発揮することができません。

 

そのため使うとしたら洗顔後すぐ、または化粧水のあとに使うようにしましょう。しかしレチノールが含まれている化粧品によって使う順番も異なるので、基本的に化粧品の使用方法に従うようにしましょう。


レチノールは食べ物からも効果的に摂れる?



レチノールはビタミンAのことですが、実は食事からも摂取が可能です。レチノールを多く含んでいるのはレバーやうなぎ、卵、乳製品などです。特に鳥や豚のレバーがおすすめです。他にもトマトやにんじんなどの緑黄色野菜に含まれているβカロテンも体内でレチノールに変換されて同様の働きをしてくれます。

 

これらの食品はそれぞれ他にビタミンやタンパク質を含んでいます。食事でバランスよく摂取しながら、化粧品で足りない分を補ってあげると良いでしょう。食事も立派な美容対策方法です。普段の食事からレチノールを摂取できるようにこれらの食品を食事に摂り入れてみましょう。


副作用は脱毛!?レチノールの効果



ビタミンによって水溶性や脂溶性などその性質が異なります。ビタミンAは脂溶性ビタミンです。過剰摂取すると尿として排出されず体内に蓄積されるという欠点があります。そのため過剰摂取に気をつけなくてはいけません。

 

ビタミンAの1日の上限量は2700μgREです。サプリメントを飲んでいる人は特に過剰摂取に気をつける必要があります。ビタミンAを取り過ぎると副作用の恐れもあるので注意しましょう。


副作用の一つに脱毛症が


レチノールの副作用として脱毛や頭痛、筋肉痛などがあります。また肝臓の機能が悪くなってしまうこともあるので、美容のためと過剰に摂取しないようにしましょう。美容のためといっても健康を損なっては意味がありません。

 

もしレチノールを摂取してこれらの症状がみられたら、摂取量を調節してみましょう。人によって上限量に達していなくても、体質的に合わない場合もあります。過剰症によって脱毛や頭痛を引き起こさないためにも、摂取しながら体調に変化がないか気にかけておきましょう。


妊娠初期は特に注意!


レチノールはビタミンAです。そのため妊娠初期の妊婦さんが過剰に摂取をするとお腹の中の胎児が奇形になるリスクを高めることになります。妊娠中はホルモンバランスの変化などで特に肌質が変わりやすい時です。

 

妊娠中でも美容を気にかけたい気持ちも分かりますが、まずは胎児の健康を第一に考えてほしいので、レチノールではなく胎児に影響が少ないビタミンCやビタミンB群を積極的に取るようにしましょう。

 

コメントを残す